保育士求人探しのピックアップ|失敗しない働き方

保育士

求人の状況

子供と保育士

保育士に求める事は多くなり、保育士1人が持つ負担や責任も増えてきています。モンスターペアレントなども登場し、更に負担は増える一方で、求人に応募する人数も少なくなっています。

Read More

人材不足

ガッツポーズする保育士

少子高齢化につき様々な業種で人材不足が起こっていますが、保育士などは思っている以上に深刻です。求人は多いですが求められる保育所の数と実際に人材確保できる保育所との数が見合っていません。

Read More

情報収集のコツ

情報は広範囲から集める

教育

求人を探す時は人によって探し方は違いますが、いろんな方法を紹介したいと思います。誰もが利用したことがある職業安定所や求人誌ネットでの検索があります。どれも利用するのは無料です。職業安定所では求人を探すだけでなく紹介までもしてくれます。求人誌やネットではいい仕事が見つかれば自分で連絡して応募する形となります。特に保育士の求人は地方によって少ないです。ましてや働けるとあっても年契約であったりします。少子化のこともあって保育士は求人を出しているところが非常に少ないです。都市部では募集しているところは多く見受けられます。大学を卒業するときには地元も目にするほかに都市部などにも目を向けてみてはと思います。

給与体系などはどうなっているか

保育士の給与は平均が13万くらいとなっています。これは決まっているんです。時給でもなく月給という形です。保育士は労働時間も長く大変なことからやめてしまう人もいますが、正社員だと福利厚生も充実していますから仕事としては良いと思います。今は保育士でも正社員ではなくパートとして雇うところが多いためこういった福利厚生が無いんです。給与も低いのが現状です。保育園で働くのが全てではないと思います。今は、保育士の資格を持った人を募集している施設も多いですし。上記でも言ったように都市部ではたくさん募集しています。待機児童も懸念されていますから人手が足りず困っているところが多いのが現状ですので知ってもらえたらと思います。

仕事の内容

絵を描く保育士

保育士の仕事の内容は多岐にわたります。基本的に子供を預かる場所であり、危険な状況を避けて保育をすることになります。保育士に求められる事は多いですが、求人でも分かる通り飛鳥とされています。

Read More