保育士求人探しのピックアップ|失敗しない働き方

保育士と子供

求人の状況

需要が酸っぱくしており増加傾向にあります

子供と保育士

保育士の市場は現在売手市場であるといえます。共働きの家庭が一般的とナビ国や県の自治体は、待機児童ゼロを目指して保育園の新設に今後の出生率を照らし合わせながら慎重に検討しながらも重点を置いています。ハローワーク等の求人を見ていると、共働きの家庭が一般でなかった頃と比べて、常にどこかの園で保育士を求人してるような状態です。保育士の求人は大都市圏であればより多く、給与も増加傾向が見られます。また地方においても求人は増加傾向でありその給与も増加傾向にあるといえるでしょう。また保育園や幼稚園だけではなく、小学校の放課後児童クラブなどでもその求人は増えています。学校が終わった後の放課後、共働きの家庭などでは家で1人で子供を待機させるよりも、安心で安全な児童館などでお友達と過ごしてほしいと考える親御さんが増えたためです。

大変すぎて苦しい時もあるがそれ以上に成長を見るとうれしくなる

保育士の免許を持っていれば、いちど出産や子育てなどで仕事を辞めたとしても、社会復帰をしたいと思った時に仕事が見つけやすい資格であるといえます。少子高齢化が進んでいく中で福祉分野の拡充は重点課題でありますので、保育士の需要はこれからますます高まっていくと思います。ただ保育士と言うのは小さな子供育てると言う大変責任の重い仕事ですので、ただ子供が好きと言うだけではなかなか続けるのは難しいかと思います。でもやはり保育士は、子供が好きな人でないと続けることはできません。子供と言うのは純真無垢ですがまだ善悪の区別がつかない部分があるので残酷な面もあります。そういった面に直面した時は、少し大変かもしれません。ただ、感情のままに怒るのではなく、どう言ったら子供たちが理解してくれるのかをとことん考えて真摯に接していくうちに、子供たちの成長がキラリと垣間見ることができて大変よりも嬉しさとやりがいを感じるに違いありません。