保育士求人探しのピックアップ|失敗しない働き方

保育士と子供

仕事の内容

保育士とはそもそもどんな仕事か

絵を描く保育士

保育士というお仕事があります。「保育」という言葉はそもそもの意味が、乳幼児などの6歳未満の子供を、清潔性などを踏まえて問題の無い、かつ危険物の無い適切な環境の場にて安全に教育していく事を意味する言葉でもあります。そして、日本では幼稚園と保育園があります。幼稚園とは学校教育法で定められた文部科学省管轄のものであり、保育園とは児童養護施設としての面を持つ厚生労働省管轄のものとなります。つまり幼稚園は学校の扱いであり、保育園は児童福祉施設の範疇の扱いになる訳です。そしてそれぞれの保育士となる為には、幼稚園の場合には幼稚園教諭免許状が必要で、保育園の場合には保育士資格証明書が必要となります。もっと厳密に言えば幼稚園の場合は「幼稚園の先生」で、保育園の場合は「保育士」になるというのが日本での現時点の言葉の位置付けが近しいと言われています。

求人情報に記載されている条件

どちらの求人情報も基本的に資格が必要となる求人内容のモノが多く、未経験者可能、無資格可能、などの場合においては補助的な役割、または正式採用ではなく補助的な立場からそれぞれの必要資格を取得して貰うなどの形で求人を出しているのが大半になります。これはいわば責任問題の範疇を資格の範囲で決める、看護師などの例と同じ意味合いがあり、子供達のお世話をする際に必要技能を満たしているか否か、人格に問題ないか否かを踏まえる要素が重要視されている為であると言えます。ですが、近年ではこの手の育成者の人手不足の発生があると言われており、補助的な有資格者ではない人さえも有資格者並の業務量をこなしざるを得なくなるなどの問題点が最近では議論されています。どちらにしても、これについては求人内容の多くが「子供のお世話が好きな人」とある様に、人と、もとい子供とコミュニケーションを取る事に問題のない人が職務に就く事が大切であり、それが出来ない人には無理強いするのは子供達の為にも、そして施設にとっても当人にとっても良くない為、これからも資格の拡充による人材育成が急がされている分野でもあります。